スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


さいたま市の岩槻脳神経外科病院が休止届(医療介護CBニュース)

 さいたま市の岩槻脳神経外科病院(80床)を運営する医療法人社団双樹会(宗像克治理事長)は、3月29日付でさいたま市保健所に休止届を提出した。双樹会は1月21日から、同市にある「双樹クリニック」の診療を経営難で休止したが、岩槻脳神経外科病院では診療時間や診療科などを縮小しながら診療を継続していた。

 さいたま市保健所によると、休止は3月1日―4月30日の2か月間。岩槻脳神経外科病院では、2月当初は診断書を書くなどの情報提供を中心に患者の診療も行っていたものの、職員の減少などの影響もあり、3月からは診療報酬が発生する診療行為は行わず、患者の開示請求に応じてカルテのコピーを渡していた。

 双樹会は、1991年に「岩槻脳神経外科」(現・双樹クリニック)、2000年に「双樹記念病院」(現・岩槻脳神経外科病院)を開設した。今年1月、岩槻脳神経外科病院と双樹クリニックを経営難から一時休診にすると発表。双樹クリニックは同21日から診療を休止した。岩槻脳神経外科病院でも同16日までに入院患者の転院を終えたものの、外来については2月以降も診療科や診療時間などを縮小して診療を継続。2月当初は医師、看護師それぞれ3人を含む15-20人体制で運営していた。


【関連記事】
「吾妻中央病院」を経営、群馬の医療法人が民再申請
千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定
さいたまの双樹会が一時休診へ、入院患者は16日めどに転院
有床診療所経営の茨城の法人に破産手続き開始決定
山本病院経営の雄山会に破産手続き開始決定

「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)
「当日」に近いほど格安 ギリギリ予約で得するレジャー(産経新聞)
館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)

【主張】無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援(産経新聞)

 ■日本のためになる制度設計を

 鳩山政権が看板政策としていた子ども手当法が成立した。高校授業料無償化法案も近く成立の見通しだ。

 子ども手当は中学卒業まで1人月1万3千円を支給する。高校無償化は公立高校で授業料を徴収せず、私立高校生には世帯の年収に応じて年約12万〜24万円を高校側に一括支給する。

 日本の少子化は急速に進んでいる。これまで後回しにされがちだった子育て支援政策を拡充したという面では意味がある。だが、外国人への支給要件をはじめ制度の中身は、あまりにも問題が多い。参院選前の支給を急ぐあまり、精緻(せいち)な設計を怠ったツケと言わざるを得ない。鳩山政権はただちに問題点を洗い出し、制度設計を根本的に見直すべきである。

 ◆クルクル変わる政策理念

 子ども手当と高校無償化の制度上における大きな問題点は、目的や効果がいまだにはっきりしないことだ。鳩山政権は「少子化対策」から「福祉施策」、「景気対策」まで、その場しのぎの説明を繰り返してきた。あいまいな政策理念では、きちんとした制度設計ができるはずがない。

 数ある課題の中でもとりわけ問題なのが、外国人の取り扱いだ。高校無償化法案では、私立高校などの在学生について支給対象を「日本国内に住所を有する者」としている。このため日本にある外国人学校の生徒へ支給される可能性がある一方、海外に住む日本人高校生には助成されない不公平が生じる。

 川端達夫文部科学相は国会答弁で、中華学校やドイツ、フランス系など教育課程が確認でき、本国の高校と同様の教育課程の外国人学校のほか、インターナショナルスクールなど国際評価機関の認定を受けている学校について支給対象とする方針を表明した。

 だが、教育基本法は「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず」と対象を「国民」に規定している。今回の法案は、この基本原則から外れている。国籍要件の盛り込みこそ検討すべき課題である。

 外国人を対象から外す場合、教育の機会均等という目的が損なわれるとの指摘もある。だが、日本の多くの学校の入試は外国人にも開かれており、「無償化されなければ機会を奪われる」というのは乱暴だ。低所得で進学が難しい外国人世帯には別途、支援策を講じる方法もあるのではないか。

 ◆置き去りの「国籍」要件

 さらに問題なのが、国交がなく教育課程が把握できない朝鮮学校の扱いだ。文科省は専門家の検討機関を設け、審査の仕方や判断方法を含め支給の是非について夏までに決めるとしている。

 朝鮮学校問題について、鳩山由紀夫首相らは「教科の内容で判断しない」としている。だが現代史などの教科書をみると、故金日成主席、金正日総書記父子を神格化する独裁者への個人崇拝教育など民主主義社会とは相容(い)れない。北朝鮮や朝鮮総連の強い政治的影響力を受けている朝鮮学校への支給に国民の理解は得られまい。

 外国人の取り扱いの問題点は子ども手当も同じだ。外国人が対象となり、海外に居住する日本人が外れるという矛盾が生じる。日本人の出生数減少に歯止めをかけようという本来の目的から大きく外れると言わざるを得ない。

 それどころか、子ども手当は支給条件に「子供の日本国内居住」を義務付けていないため、外国人が母国に残してきた子供にまで支給される。手当の財源は日本国民の税金だ。子供が外国で暮らしているケースにまで支給するのは、あまりにおかしい。

 政府は、自治体が相手国の証明書類などを厳格チェックすることで対応するとの考えを示しているが可能なのか。自治体関係者からは不安の声も上がっている。

 野党は「支給額が大きく、虚偽受給が横行する可能性がある」として法案修正を求めたが、長妻昭厚生労働相は「平成23年度の制度設計見直し時に検討する」とした。制度の不備であり、早急に対応すべきだった。これら外国人の取り扱いも考え直すべきだ。

 法案づくりの過程はほとんど公開されなかった。所得制限を設けなかったことも再考すべきだ。バラマキ批判だけでなく、少子化対策の効果としての疑問も出ている。低所得世帯を手厚くするなど、国民のニーズをきめ細かくとらえたメリハリのある支援策に改めなくてはならない。

【関連記事】
「子ども手当」特需に高まる期待
高校無償化 外国人学校の支援金はさかのぼって支給
朝鮮学校の判断は夏以降に 就学支援金 国会審議で川端達夫文科相
「国連の見解、精査する」朝鮮学校問題で文科副大臣
子ども手当、高校無償化 関係者からさまざまな声

立松和平さん 生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)
<秋篠宮家>眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)

放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて−環境省(時事通信)

 新潟県佐渡島で国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、2008年から放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1組のペアが同島南部に巣を作り、産卵した可能性の高いことが29日、分かった。環境省によると、産卵が確認されれば、放鳥トキが自然界で産卵した初めてのケースになるという。
 同省によると、このペアは08年秋に放たれた3歳雄と、09年秋に放たれた1歳雌。今月17日ごろから、枝を運んで営巣する姿や求愛行動が確認されていた。28日からは、雌雄が交代して巣に座り込む産卵時の特徴が見られ、産卵の可能性が高いという。
 同省は、神経質な繁殖期のトキに配慮して、職員が約150メートル離れた地点から観察しているため、卵の存在は確認できていないが、産卵していれば、約1カ月後にふ化する見通し。
 放鳥トキでは、島内でほかに2組の営巣が確認されているが、産卵の兆候はないという。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟
放鳥トキ2組が営巣=初確認、繁殖に期待
トキ検証委、4月に結論=小沢環境相

三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
<築地移転>予算可決へ 民主が修正案見送り(毎日新聞)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)
民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
元交際女性の水着写真送る、容疑の会社役員を逮捕(産経新聞)

【春の高校バレー】東京勢は男女4校8強入り(産経新聞)

 “春の高校バレー”の愛称で親しまれている「第41回全国高校バレーボール選抜優勝大会」は23日、東京・代々木競技場で男女の3回戦16試合が行われ、東京勢は男女4校が8強入りを決めた。男子は東洋が福岡大大濠(福岡)に、東亜学園が鹿児島商(鹿児島)にそれぞれストレート勝ち。女子も共栄学園が大和南(神奈川)に、八王子実践が誠英(山口)にそろってストレート勝ちしたが、下北沢成徳は山形商(山形)に惜しくも敗れた。

EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
<桂宮さま>微熱あり入院(毎日新聞)
<桂宮さま>微熱あり入院(毎日新聞)
<宇治茶>大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)

「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)

 大手企業などの公式サイトに新型コンピューターウイルス「ガンブラー」が埋め込まれた問題で、閲覧者が誘導され、ウイルスに感染させられる不正サイトのサーバーが、フランスやドイツなど欧州5か国に置かれていたことが警視庁の調べでわかった。

 同庁は23日、5か国の捜査当局に対し、サーバーの契約者情報の提供など捜査協力を要請した。

 ガンブラーは、ウェブサイトを改ざんして、感染を広げるウイルス。

 サイトに接続した後に不正サイトに誘導し、ウイルスを埋め込むが、画面上には最初にアクセスしたサイトの画面が表示され続けるため、閲覧者が気付かないまま感染するのが特徴だ。

 昨春頃から世界各地で出回り、日本国内でも昨秋以降、大手企業や自治体の公式サイトでガンブラーによる改ざんが確認されている。

 同庁の発表によると、公式サイトが改ざんされたとして被害を届け出るなどした国内13の企業や団体について、同庁が通信履歴などを解析した結果、誘導先の不正サイトはフランス、オランダ、ドイツ、イギリス、ルクセンブルクの計31サーバーにあったことが判明したという。

<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
<社民>同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的(毎日新聞)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)

仕分け、特別民間法人も対象=枝野担当相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新相は19日午前の閣議後の記者会見で、4月から始まる事業仕分け第2弾の対象に、公的業務などに当たるため個別の法律に基づき設置されている「特別民間法人」も加える考えを示した。同法人は、日本消防検定協会や社会保険診療報酬支払基金など、2009年4月現在で38法人ある。枝野氏は「まずはヒアリングを行って実態を把握したい」と述べた。 

【関連ニュース】
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護
外交専門誌、夏にも創刊=外務省
鳩山首相の発言要旨=政権発足半年
鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調
「政治とカネ」に危機感=成果自負も

「心配お掛けしている」=皇太子ご夫妻がコメント(時事通信)
裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
「ニッポンは不死鳥」 インドのビジネスエリート、モノづくりを学ぶ(産経新聞)
中学校長が児童ポルノ集め? ファイル名に「ロリータ」「14歳」(J-CASTニュース)
原爆資料館など視察=東ティモール大統領−広島(時事通信)

伊吹山ドライブウエイで除雪作業はじまる(産経新聞)

 滋賀、岐阜県境の伊吹山(標高1377メートル)を上る伊吹山ドライブウェイ(全長17キロ)で、営業再開に向けて除雪作業が急ピッチで進んでいる。

 伊吹山ドライブウェイは岐阜県関ケ原町を起点、滋賀県米原市を終点とする有料道路。積雪のため冬季は毎年、通行止めとなっている。

 17日は、標高1140メートルの8合目付近で除雪。重機4台がエンジンを響かせ、雪を谷に落としていった。営業再開は4月17日の予定。春はもうすぐ。

【関連記事】
仙台、サポーターと一致団結雪かき!
18年豪雪以来の除雪費に自治体悲鳴 新潟
除雪機巻き込み4歳児死亡
除雪で車の立ち往生は解消 新潟で一時100台以上
車20台が立ち往生のまま 新潟市で除雪進む
20年後、日本はありますか?

水俣和解一時金210万円 熊本地裁所見示す(産経新聞)
首相動静(3月18日)(時事通信)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
<学士院賞>iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)

強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川(産経新聞)

 13日午前10時半ごろ、神奈川県相模原市水郷田名の相模川河川敷の野球グラウンドで、少年野球を見学していた近くに住む会社役員の女性(40)と女性の次男(4)が、突風で倒れたバックネットの下敷きになった。女性は骨盤を折る重傷で、次男は頭にけがを負った。

 相模原署によると、倒れたネットは枠が鉄パイプで高さ約4メートル、幅約8メートル。足場に鉄製のくいが打たれていたという。女性は小学5年の長男(11)の野球の練習の手伝いで、午前8時半から次男を連れてグラウンドにきていた。

 グラウンドでは小学生15人が練習をしていたが、突風が吹いたときには休憩中で、ほかに児童はいなかった。当時、河川敷では最大瞬間風速14・1メートルの強風が吹いていたという。

【関連記事】
地中で配管工事中に死亡 コンクリ片の下敷き
段々畑の石垣崩れ、下敷きになった男性死亡 岡山・井原市
強風で屋根飛び、車が下敷き 福島
車にひかれたイノシシが暴れ、警官が射殺 金沢、かまれて2人軽傷
札幌の古書店で本棚が将棋倒し、女児重体

<雑記帳>カバの「龍馬」、鹿児島へ(毎日新聞)
JR総武線、千葉―成東で一時運転見合わせ(読売新聞)
口コミ商品紹介 業界ガイドライン策定 「広告ブログ」明記を(産経新聞)
<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)

<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)

 大阪市港区の海遊館に12日、スナメリが初お目見えした。08年に三重県の鳥羽水族館で生まれたオスの2頭で名前は「コチョボ」と「クリン」。海遊館が借り受け、開館20周年記念として一般公開した。

【スナメリ】名古屋では住宅街の川で見つかり 保護される

 スナメリはネズミイルカ科で瀬戸内海など沿岸部の水域を好み、大阪湾にも生息。笑顔のように見える顔が人気がある。海遊館によると国内の水族館で一般公開するのは6カ所目という。首を上下させながら愛くるしく戯れる2頭の姿に、来館した子どもたちも大喜びだった。【遠藤孝康】

【関連ニュース】
【写真特集】海遊館ではこんなイベントも サンタダイバーも登場 冬のイベント華やかに
【写真特集】水辺の生き物たくさん 毎日水族館
【写真特集】かわいい動物いっぱい 毎日動物園
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界

盗品クラブ買い取り販売、ゴルフ店経営者逮捕(読売新聞)
<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車−ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース)
<大阪・松原の火災>「うそつけば刑務所入れる」 「放火した」男、無関係と判明(毎日新聞)

モノレールのトンネル内、はねられ?男性死亡(読売新聞)

 9日午後6時45分頃、東京都大田区羽田空港1の東京モノレール羽田線「昭和島―整備場」駅間のトンネル内に人が倒れているのを浜松町発羽田空港第2ビル行きのモノレールの運転士が発見した。

 警視庁東京空港署幹部によると、倒れていたのは60歳前後とみられる男性で、病院に搬送されたがまもなく死亡した。

 同社などによると、同日午後6時25分頃に現場付近を通過した別の車両の運転士が「異音があった」などと話しているといい、同署で男性が軌道上ではねられたとみて調べている。東京モノレールによると、この事故の影響で、同線は約1時間45分にわたり、上下線で運転を見合わせた。同線での人身事故は、ワンマン運転が始まった2002年9月以降、2例目という。

救急車と自転車衝突、女性けが…埼玉の病院前(読売新聞)
大阪 国旗常時掲揚 「府教委、降ろせと圧力」 元校長「改革の4年」告白(産経新聞)
自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)
<自民党>与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及(毎日新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬サイト
探偵社
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
パチンコ攻略
副業
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM